主任司祭からのご挨拶

2018年4月より保土ヶ谷教会の主任司祭となりましたアダム・ジェラールです。 わたくしはフランスの東北部ロレーヌ地方にて、敬虔なカトリックで腕の良い大工の父「ヘンリ」と、おもてなし上手で心広い母「マリア」の間に生まれました。 ロレーヌ地方の気候と自然は北海道に似ていて、冬は長くて寒いです。山と川の間に幅広い野原が広がっています。仏独国境地帯であり、長い間受難の地となりました。 わたくしは中学高校を聖ヨセフという学校にて過ごし、そこで「木の十字架」という青年合唱団に入ることが出来ました。そこから一時歌手になる夢を追ったこともあり、また社会人として1年ほど働いたこともありました。そして二人の素晴らしい宣教師との出会いを経て、ようやく自分の本当の夢をみつけることができました。 その夢とは「パリ外国宣教会(MEP)」、360年前からアジアの地に「イエス・キリストの良い知らせ」を伝え続けているMEPで働く、ということでした。幼児洗礼であったわたくしは、20歳にしてMEPに入ることで自らイエス・キリストに再び出会ったのです。 タヒチ島で徴兵の義務に服した後、助祭となってラオスに派遣されましたが、ベトナム戦争後に日本に転任となりました。 それから41年が経ちました。浜松、静岡、焼津、沼津など静岡の小教区をめぐった後は、2009年からは横須賀の教会で働いておりました。どこの小教区を任されていてもわたしは、その小教区共同体が外へ向かって開かれていくよう、協力しながらそれぞれの活動を重ねて参りました。 最初の20数年は、「青年の家」を通じた有職青年の養成に関わりました。「見る、判断、実行」という、生活を見直す方法を通じて、社会の中で一人ひとりがキリストの目、心、手になるように共に歩みました。また90年代は、主に南米からの外国人労働者を支援する「ヘルスの会」を友人と共に立ち上げるなど、外国人の司牧にも力を入れてきました。前任地では、刑務所の教誨師として受刑者の相談・心のケアのための「聞く耳」となっておりました。 これから保土ヶ谷教会の皆様との交わりによって、一緒に何ができるかとても楽しみにしています。どうぞ宜しくお願いいたします。

Welcome to web site of Hodogaya Catholic Church!

Hodogaya Church is a parish in the Archdiocese of Yokohama. Our bishop is Bishop Umemura, our pastor is Adam Gérard.
The church was established on top of the hill of Hodogaya 70 years ago when the area was quiet farming land with long vistas of grape vines. Since that time, Hodogaya has developed quite a bit, the farming village has changed into a city filled up with houses and condominiums. However, just as it was 70 years ago, the church continues to be a serene praying place, which I believe is valuable for modern day people who want to feel at ease spiritually. The church is open to the public from AM7:00 to PM7:00. Everybody can freely come in and pray in the chapel. Pray for your peace of mind, pray for peace in your family and pray for peace in the society you belong to. We can just start praying “Prayer for Peace” which St.Franciscus Assis wrote for us 800 years ago. May the peace of the Lord be among us. God bless you.
Farther Adam Gérard, Hodogaya Catholic Church

 

Prayer of St.Francis of Assisi.
Lord make me an instrument of thy peace!
Where there is hatred,let me sow love;
Where there is injury,pardon;
Where there is discord,union;
Where there is doubt,faith;
Where there is delusion,truth;
Where there is despair,hope;
Where there is darkness,light,and;
Where there is sadness,joy.
O Divine Master,grant that I may not so much seek to be consoled as to console; to be understood,as to understand; to be loved as to love; for it is in giving that we receive, it is in pardoning that we are pardoned, and it is in dying that we are born for eternal Life.
Amen

ミサとは

キリストが復活したのが日曜日だったので、初代教会では、信者たちは日曜日を「主日」とし、キリスト が「最後の晩餐」で定めた、彼の死と復活を記念する式に集まっていました。これがカトリック教会のミ サの起源です。 現在のミサは、起源を尊重しつつも、恵みをいただくだけでなく、参加する皆が一緒に捧げるミサとなっ ています。

  • 開祭 開祭の挨拶と罪の許しを願います。
  • み言葉の典礼 聖書朗読を聴き、神様の言葉をあじわいます。
  • 感謝の典礼 「最後の晩餐」にならった祈りを捧げます。
  • 交わりの儀 イエスに教えられた「主の祈り」を唱え、「平和の挨拶」の後に聖体拝領を行います。 洗礼を受けていない方は聖体拝領を受けることは出来ませんが、祝福を受けることは出来ます。
  • 派遣 (閉祭) ミサで受けた恵みを普段の生活で活かせるように派遣されます。

また、ミサはクリスマス(イエスの誕生を祝うミサ)をはじめ、イースター(イエスの復活を祝うミサ)など大 きなお祝いを伴うミサもあります。 ミサはだれでも参加することが出来ます。 解らない事があれば、気軽に声をかけて下さい。

カトリック教会とは

イエス・キリストの教えと生き方、そして復活を信じる。これこそがカトリック教会の教えの根 源です。これはミサの中で唱えられる「使徒信条」にあらわさせています。

そのイエスの教えと生き方、復活が記されいる物が新約聖書です。新約聖書はイエスとの出会い、 この方を「キリスト(救い主)と信じた弟子たちや人々の喜びを記した、いわば信仰の証言葉のこ とで、人類の偉大な遺産として、いつの時代でも人々に生きる光と 力を与え続けて来ました。イ エス・キリストは、弟子の中から12人を選び「使徒」としました。そしてペトロに使徒の頭とし て特別な使命を委ねました。使徒たちは各地に宣教し、キリストを信じる者たちの共同体、すな わち教会をつくり、自分たちの後継者を定めました。ペトロはローマに行き、教会をつくりまし たこのペトロの後継者がローマ司教、すなわちローマ教皇です。そして使徒たちの後継者が世界 中で働いているのが司教なのです。この保土ケ谷カトリック教会も、その共同体のひとつなのです。