コロナ感染症対策への新しい指針についての見解(ご参考)

司教館事務局の保久神父から

【コロナ感染防止への指針】

司教館事務局の保久神父から、以下の情報が参っておりますので参考までにご連絡します。

 

✟主の平和

入梅の候、皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。さて、小田神父様から下記のようなご意見を頂きましたので、皆様と共有したいと思います。よろしくお願い致します。

***********************************

各位

 

5月26日に発行されました厚生労働省『新型コロナウイルス感染症、診療の手引き』改訂版にざっと目を通し、皆様にとって意味があると小田が推測した情報のみ順不同で抜粋紹介します。すでに報道からご存知だとはおもいますが。

 

死後のケア

納棺後は特別な感染対策は必要としない。故人の尊厳に十分に配慮しながら、それぞれの場面で適切な感染対策をすることが重要である。なお、適切に感染対策を行いながら、病室で別れの時間を設けることもできる。

(小田:当初は、遺族などによる通夜、葬儀、火葬、拾骨が否定されていましたが、現在は全く問題視されていません。ただ葬儀社や斎場によっては、いまだに忌避するところもあるようです)

 

濃厚接触者の定義(2020年4月21日改訂)

「患者」の感染可能期間(発症2日前~)に接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。

・患者と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者

・適切な感染防護なしに診察、看護もしくは介護していた者

・患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

・その他:手で触れることのできる距離(目安として1m)で、必要な感染予防策なしで、患者と15分以上の接触があった者

(小田:換気の良い教会で、検温と手指消毒をすました参加者全員がマスクをし、1m以上の間隔で着席できるならば、会衆の参加するミサをしても大丈夫だと思われます。)

 

感染経路

飛沫感染が主体と考えられ、換気の悪い環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染すると考えられる。また、ウイルスを含む飛沫などによって汚染された環境表面から接触感染もあると考えられる。有症者が感染伝播の主体であるが、発症前の潜伏期にある感染者を含む無症状病原体保有者からの感染リスクもある。

 

潜伏期・感染可能期間

潜伏期は1~14日間であり、暴露から5日程度で発症することが多い。発症前から感染性があり、発症から間もない時期の感染性が高いことが市中感染の原因となっており、SARSやMERSと異なる特徴である。

なお、血液、尿、便から感染性のあるSARS-CoV-2が検出することはまれである。

 

季節性

COVID-19については、現時点では気候などの影響は明らかでない。

 

食器の取り扱い

患者が使用した食器類は、必ずしも他の患者と分ける必要はなく、中性洗剤による洗浄に加え、80℃ 5分以上の熱水による消毒を行ったあと、よく乾燥させる。

 

以上

2021年6月19日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : 保土ヶ谷カトリック教会